NYごみ大作戦 NYゴミ大作戦 ニューヨークごみ大作戦 ニューヨークゴミ大作戦 New Yorkゴミ大作戦 護美

2017年06月17日

次の日程は。。。NYおそうじ大作戦、美化、ボランティア、ニューヨークサークル、ごみ拾い、社会貢献

For English, visit:
http://nysoujienglish.seesaa.net


NYgomimay.jpg


New Yorkおそうじ大作戦!

Polish the Big Apple!  Create A Happy Heart!!



ボランティア募集

Make a Prototype of Collabration and Love in Your Neighborhood!!




日時:  8月20日(日)9 am -11:45 am


場所:   “Hakata Tonton”
    (61 Grove St. New York, NY)
                       Bet.  Bleecker St. + 7th Ave.

目的:

 NYを、もっと、もっとキレイな街にし、世界一安全に、快適に過ごせる環境をつくりたい。そして、何よりも、掃除をすることで、達成感がえられ、さらに、謙虚で、気づく人になれ、人々の感動の心をはぐくみ、感謝の心を醸成し、心を磨くことより、充実した毎日をすごせるようになることを目的としたい。

 4R(Refuse, Reduce, Reuse, Recycle)を実践・普及することで、ごみ減量をめざす!

 

喜びの声:

「1時間で道が見違えるようになりました。人が集まればこんな大きなことができるのですね」(M.B

「朝からもやもやしていた気持ちがスッキリしました」(M.O

「マンハッタンから毎日、エンパイアステイトビルと同じくらいのゴミの量が出ているって、また、そのゴミの行き場がなくて、南米に運ばれているって、聞いてショック。同じ想いの同士に会えて、嬉しかった」(T.S


環境問題・ごみ問題を知ろう!

09 年6月、共同通信にも取材されました!
その翌月、ジャパンタイムスに掲載されました!
ご覧ください↓
http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/nn20090710f3.html

NYジャピオン(2007105)にも掲載されました↓

http://www.ejapion.com/living/circle/425


当日の様子です(by Kaori Matsumoto) ここをクリック!


お申し込みは、今すぐ! ここまで↓

soujiny@gmail.com


協賛企業・個人

下記の企業・個人の方々から寄付金・献品をいただいています。

Captal One BANK,

Nishimoto TradingCo. LTD,         One if by Land, Two if by Sea  Hakata Tonton

NY Mutual Trading,Inc.,             Daiei Trading Co., Inc,             Maruto Noriten

Fan Restaurant Supply,                AKI on West 4

Varsano’s Chocolates                   Bajwa Gift Shop

Jack Ancona,                               Birthday Suit,                           AKI's customers

主催者:Big Apple Beaurifiers, Terry Sato

 

NYstreetscleanup2.jpg


posted by Terry Sato at 13:23 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月18日

NYおそうじ大作戦ついに10周年!祝Big Apple Beautifiers!!

2016.jpg
みなさんのお陰で、BAB創立10周年を今月迎える事ができました。
ホントにありがとうございます。そして、とってもめでたいです!

今まで、やってきて、一番の学びは、「許す」ということの大切さです。
でも、「許す」って、自分が上に立ってないでしょうか。
自分は、そんなに偉い人間なのでしょうか?

そうじゃない。自分が自分を許すんですね。
相手を許せない自分を許すんですね。
そして、より大きなものに自分を委ねればいいのだと思います。

人は人を変えることはできない。でも、自分なら変えられる。
何か罰を与えて相手を変えさせることなんて意味がない。相手に、心から、自ら進んで、やりたいからするという気持ちになってもらわないと。。。

でも、そうなるには、誰かにそれを求めるのではなくて、自らが動く。そして、自分の行動を見てもらって判断してもらう。

相手の立場に立って、寄り添ってみる。一緒に喜んでみる。一緒に泣いてみる。そして、振り返れば、自分だって同じことをしてきた。同じ穴のムジナじゃないかと気づく。

私たちは最初から崇高なる人間なんかじゃない。だから、ただ、そうありたいから自らを磨くためにするんです。

だから、常に謙虚に。そして愛深く。。。

おそうじが、そして皆さんが教えてくれたことです。
umaine!.jpgtom and senko.jpgspecial lunch.jpglunch peace!!.jpgspecial lunch 2.jpglunch yeah.jpguniform back.jpgwash the tools.jpgbrooms.jpg

そうありたいがために、ただ黙々と続けてきました。
それは言葉を超えて周囲に伝わるんだと思います。

だから、ご近所さんの「7th Avenue South Alliance」とのコラボで、新しくTシャツが出来ました!背中に彼らの、そして胸にBABのロゴが入っています。
BAB's new t shirts
残念ながら、今回の10周年でのお披露目は間に合いませんでした。しかし、こうしてつながることができました。彼らも黙って見てくれていたんだと思います。彼らのためにも彼らのごみ箱を綺麗に磨くことにいたしましょう!

ますます、これからの展開が楽しみになってきましたね!

lunch tasty.jpgsashimi too.jpgmotsu nabe hot pod.jpgballerina.jpg
posted by Terry Sato at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月01日

NYおそうじ大作戦 ついに10周年 

Photo august 2016.jpg
ご存知だろうか? NY市から出るごみは毎日5万トン。それはエンパイアステートビルの骨格と同等量。そしてそれらは、他州、中南米に運ばれていることを。特に、街でポイ捨てされたごみが流れ流れて、海に行き、それを間違って小動物や魚が食べ、窒息死するクジラの数が増えていることを。。。

そんな事実を鑑み、NYを、もっとキレイな、世界一安全な街にしたい。そして、掃除を通して、謙虚で、気づく人になり、人々の感動の心をはぐくみ、充実した毎日をすごしたい。そんな願いをもとに2006年、Big Apple Beautifiers が結成され、街頭清掃ボランティア活動がWestvillage を中心に続けられてきた。

日本人は江戸時代から、公共の道路を掃除する衛生意識がある。また掃除は、僧侶や神主などの修行の一つであり、心を清める技。

しかし、アメリカ社会ではなかなかこの考えは理解し難く、立ち上げ当初は奇異な目で見られがち。一部の企業を除いて、周辺から参加者、賛同者を得ることはできなかった。

ところが、10年間活動を続けてきた結果、徐々に社会に受け入れられ、現在は地域の住民から寄付や参加者が得られるようになった

また、この活動を通して、運勢が好転し、ビジネスがうまくいくようになったとか、素敵な出会いが生まれたなどの体験談が多数寄せられるようになった。

今回は、BABの10周年創立を記念し、通常の清掃活動終了後、お祝い会を行う。趣旨に賛同する方々なら誰でも大歓迎。

<BAB 三つの誓い>

(1)私たちは、ごみゼロ社会の実現を目指し、4Rを実践します

市の衛生問題、海洋汚染、地球の温暖化現象は、ストリートのごみが大きな原因の一つです。私たちは、お掃除を通して、地域美化・環境保全に貢献し、誰かを責めるのではなく、まず、自分たちができることから実践します。(4Rとは、Refuse, Reduce, Reuse, Recycle)


(2)私たちは、自らの心を磨きます!

心を清め、運勢を好転させ、人生を豊かに、ワクワク生きるひとつの方法がお掃除です(特にトイレ掃除が素晴らしい!)。私たちは、人を感動させるレベルまで徹底的にきれいにし、人生の気づきやヒントを得て、最高の自分を創造します。

(3)私たちは、コミュニティーに愛を届けます!

街が綺麗になれば、治安がよくなり、心も安定することはいろんなデータが証明しています。私たちは、道行く人に笑顔で応答し、「汚い犯罪の街」というイメージをなくし、平和なコミュニティを世界に広げるべく、その雛形(ひながた)をここにつくります。


<NYおそうじ大作戦創立10周年記念祝典のお知らせ> by BAB (Big Apple Beautifiers)


日時:  9月18日(日)9 am -12:30 pm
      (受付8時50分開始。掃除後特別ランチ)

場所: “Hakata Tonton”
    (61 Grove St. New York, NY)
   Bet. Bleecker St. & 7th Ave.
(レストランにお集り下さい)

   持ち物:ビニール袋、軍手など、ご持参ください。

   会費:10ドル
主催: BIG APPLE BEAUTIFIERS (BAB)

お掃除内容: West 4th 周辺の街頭清掃と、レストランのトイレ掃除


<参加ご希望の方は>
soujiny@gmail.com テリー まで

====
09年7月、ジャパンタイムスに掲載されました!
14年3月、フジテレビーめざまし土曜日「ジャパンダフル」でオンエア!

12年には、なんと高校英語の教科書にも載りました↓

ブ ログもご覧ください↓
http://nysouji.seesaa.net/
YouTubeもお楽しみください↓
Facebook groupにご登録ください↓
posted by Terry Sato at 07:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月25日

感謝と愛を感じるニューヨーク お掃除 NYごみ大作戦 Big Apple Beautifiers 10年目に突入

Those are nice pictures!! Thanks, 片岡 桜子! Your love and thoughtfulness touched many people's heart.
桜子さんありがとう! 写真がとってもよく撮れてますよ! 新たな感動がここに生まれました。

(Big Apple Beautifiers主催の「NYごみ大作戦」の全容がここで明らかに!)

ごみ大作戦



==(引用)==

目の前のたばこの吸い殻、吸い殻、吸い殻。それだけを見つめ、躍起になってトングで拾い続けた。「なんでこんなにたくさんポイポイ捨てるんだぁ!」ふつふつとこみ上げる「怒り」。それが、車に轢かれそうになるのも気がつかないほど夢中になって拾っているうちに、ランナーズハイならず、お掃除ハイみたいなのがやってきた。

「待てよ、吸ったのはごった返す店で相当なストレスをためて仕事をしている人たちかもしれない。つかの間の休憩時間、外へ出てちょっと一服。そこでリフレッシュした彼らのサービスを私もうけて、楽しい時間を過ごしたのかもしれない。つまり私の楽しい時間は、この吸殻なしには実現しなかった、かも」という図が浮かんできた。みんなどこかでつながっている!そう思うと、あれだけ憎かった吸殻が愛おしくさえ思えてきた。生きて活動している「命」がなかったらゴミもでない。「人間ばんざい!」。その日はなんだか溢れるエネルギーを持て余し、お掃除終了後二時間かけて家まで歩いてしまったくらいだった。思えば、あれが私も見事にお掃除変態になってしまった瞬間だった。
(全文はこちらから)
http://freesiaweb.com/blogfromtheworld/newyork/3254

posted by Terry Sato at 07:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ボランティア