NYごみ大作戦 NYゴミ大作戦 ニューヨークごみ大作戦 ニューヨークゴミ大作戦 New Yorkゴミ大作戦 護美

2015年09月05日

ニューヨークのお掃除、沿革、ストーリー、目的、願い、ボランティア活動


2015, 8月ごみ大作戦公園にて.jpg2015年8月トントンにて.jpg

<BAB (Big Apple Beautifiers) 3つの願い>

1、海の魚を守るーごみゼロを目指して4R(Refuse, Reduce, Reuse, Recycle)を実践しよう


  NY市から出るごみは毎日5万トン。エンパイアステートビルの骨格と同じだけの量が毎日出ています。それは市だけでは処理されず、他州、中南米に輸出されているのは周知の事実。特に道にポイ捨てされたごみが流れ流れて、海に行き、それを間違って小動物や魚が食べ、窒息死する件数が増えています。そんなごみにまつわる事実を認識し、ごみ減量に向けて一人一人が意識を変え、社会に貢献できることを目指します。


2、運勢をよくしよう! 日本の価値観の紹介


  江戸時代、「道路はお城に通づるお廊下」と信じられ、それが伝統となり、現在の日本人の衛生感が生まれました。お掃除は、僧侶や神主さんの修行であり、心を清める技のひとつです。この活動を通して、運勢が好転し、ビジネスがうまくいくようになったとか、素敵な出会いが生まれたなどの体験談が多数寄せられています。


3、NYの街をきれいに犯罪をなくし、お世話になるこの街に感謝を示そう


  街が綺麗になれば、治安がよくなることはいろんなデータが証明しています。「汚い犯罪の街NY」というイメージをなくし、道行く人には笑顔を! 私たちが暮らすこの街に恩返しをし、平和なコミュニティづくりの一環として、この活動が始まりました。
BAB 8 anniversary.jpg

<沿革>


New York (Big Apple)を美化(Beautify)しようという意図から名前がつけられたBig Apple Beautifiersですが、2006年に発足し、私たちの地域清掃活動は、今年で9年目を迎えました。

http://nysouji.seesaa.net/article/406261149.html?1431046752


毎月第3日曜日の午前中、主にWest 4thの駅周辺と、レストランのトイレを徹底的に清掃します。今は、20−30人くらいの参加者とともに楽しく活動を続けています。


しかし、立ち上げ当初は、タイムズスクエアから始め、ブライアントパークを清掃したり、場所を転々としました。時には、雪の中3人だけでやった時もありました。当時は、孤立感が漂い、ただ辛いだけでした。


そこで創立メンバーで知恵をしぼり、時間を1時間に区切って、特定の一箇所を徹底的に掃除し、道行く人を振り返らせるくらいきれいにしようという方針に変えました。また、参加してくれたボランティアへの感謝の想いをこめて、終わった後は食事を出そうと決め、スポンサーを探しました。


すると、当初は「秋」レストラン、現在は「博多トントン」が気持ち良く申し出を受け入れてくれ、簡単なランチをつくってくれることになりました。当時のNorth Folk Bankも寄付金をくれました。


装い新たにスタートした活動でしたが、最初は、なかなか地域の人には理解されず、道行く人にも奇異に見られたり、嫌がらせを受けたりしました。中には、これ見よがしに、たばこの吸い殻をボランティアの目の前に捨てる人さえいました。


しかし、そんなネガティブな体験をしても、いつかきっと理解される日が来ると信じました。そして、道に落ちているものすごい量のたばこの吸い殻。「道は灰皿じゃないんだぞ!」とつい、モラルの低さに人を責めがちになってしまいますが、それさえも、前日に、人々がたくさん賑わった証拠だとポジティブに受け止め、「楽しいからそれだけの人が集まるんだ。じゃあ、一緒に俺たちも楽しもうよ」と寛容な心を持つように心がけました。そして、道行く人に「Good Morning!」と元気良く笑顔で話しかけるように努力しました。


すると、自然と日本人で志を同じくする人たちが集まって基盤を担ってくれました。最近では、すっかり、嫌な思いをすることはなくなり、逆に、「Thank you!!」と感謝の声をかけてもらえることが増えました。近所での評価も少しづつ変わったのか、噂を聞きつけ、地域のアメリカ人も参加してくれるようになりました。


2012年には、中学3年生用の英語の教科書の題材として取り上げられました。

http://nysouji.seesaa.net/article/272341951.html?1431046998


他にも、広くメディアにも紹介されてきました。2009年7月には「Japan Times」、地元のフリーペーパー「ジャピオン」にも2007年10月5日、また最近では、2014年3月1日、フジテレビの「めざましどようび」で放映されるようになりました。

posted by Terry Sato at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記